千葉犯罪被害者支援センター 一人で悩まないで、ご相談下さい。 一人で悩まないで、ご相談下さい。

家族や友人が被害にあわれた方へ

家族・友人が被害にあうと

ご家族や友人など大切な方が被害にあわれると、周囲は被害者の様々な精神反応や身体反応に困惑し、誤った対応から被害者をさらに傷つけてしまうこともあります。まずは周囲が正しい知識や情報を得ることが大切です。

被害者の心情心理

精神反応

  • ●怒りやイライラを抑えることが難しい。
  • ●感情のコントロールがきかなくなる。
  • ●仕事や勉強に集中できない。
  • ●人や社会を信用できなくなる。
  • ●ささいなことから恐怖がよみがえる。
  • ●早く忘れてしまいたいと思う。

身体反応

  • ●食欲がなくなる。
  • ●お腹の調子が悪くなる。
  • ●眠れなくなったり、こわい夢をみる。
  • ●動悸や手足の震え、息苦しさがある。
  • ●疲れやすくなったり、身体が重く感じる。
  • ●訳もなく涙が出て止まらない。

被害にあわれた方の反応はさまざまですが、このようなことは、突然大きな衝撃を受けたことに対する正常な反応です。

二次被害について

被害者等が傷つく言動

  • ●「いつまでも落ち込んでいないで、早く元気になってね」
  • ●「辛いことは早く忘れよう」
  • ●「きっと運が悪かったんだよ」
  • ●「頑張ってね」
  • ●周囲の人の、心ないうわさ話
  • ●マスコミによる執拗な取材
  • ●接し方があからさまに変わる
  • ●他の人や、他のことと比較する

元気を出してほしい、励まそうとしてかけた言葉でも、時には被害者をさらに傷つけてしまうこともあります。

矢印

接し方について

見守り、寄り添う気持ちが被害者の大きな支えに

被害にあうと深い悲しみや心身にさまざまな症状が起こりますが、時間の経過とともに和らいでいきます。これらの症状が1ケ月以上続く場合には、医療機関に相談しましょう。 まわりの人はそれらの反応を自然なこととして受け止めて、安心して日常生活が送れるようにサポートすることが大切です。 本人が今どうしたいかを尊重し、「いつもあなたのそばにいるよ」という気持ちで接することが大切です。
接し方についてイメージ
一人で悩まないでご相談下さい 一人で悩まないでご相談下さい
トップ