---

 千葉犯罪被害者支援センターメルマガ第17

---

1.令和元年度事業報告

(1)相談件数等

電話相談等 1,301件(30年度 1,307件)
カウンセリング 178件(30年度 169件)
直接的支援 532件(30年度 476件)

 

(2)各種研修会等での講演

21回(30年度 17回)

 

(3)支援員養成講座

入門編 受講者 59名(30年度 63名)
初級編 受講者 20名(30年度 14名)

 

(4)犯罪被害者週間「千葉県民のつどい」

令和元年11月24日(日) 千葉生涯学習センター
犯罪被害者遺族講演 加藤裕司氏

---

2.令和元年度決算報告

経常収益計 32,375千円(30年度 33,227千円)
経常費用計 30,946千円(30年度 28,713千円)

---

3.令和元年度被害者支援コーディネーターの活動状況

センターでは、千葉県の委託を受け令和元年度から、被害者支援コーディネーターを設置しました。主な任務は、市町村やその他関係機関との連携で、個別事案の相談や対応に当たりました。

関係機関等との連携状況

市町村~58回 その他官公署・機関・団体~15回 

---

4.令和2年度第1回総会・第2回理事会

コロナウイルス感染防止の措置を講じたなか、令和2年6月7日(日)総会と第2回理事会を開催しました。

(1)総会

令和元年度事業報告・決算報告が承認されました。また、同時に役員改選も行われ、10名の理事と2名の監事が再任され、新たに3名の理事が選任されました。

(2)第2回理事会

総会において選任された理事・監事において、第2回理事会が開催され、互選で理事長(代表理事)に大橋靖史氏、副理事長に高橋一弥氏と友田直人氏、専務理事に森本志保氏が選出されました。

---

5.被害者支援条例について

警察庁によると、被害者支援に特化した条例を制定している自治体は、今年4月1日現在で21都道府県(全体の44.6%)、7政令指定都市(同 35%)、326市町村(同18.9%)となっています。

一方千葉県では、県は条例は制定されておらず、また、市町村は4市町にとどまっています。全国平均よりかなり低いパーセントといえます。センターにおいても、市町村との連携の中で制定を呼びかけていきたいと考えています。

---

6.理事長感謝状の贈呈

永年にわたって当センターへ財政的支援をされてこられた18法人(団体)に対し、感謝の意を込めて理事長感謝状をお贈りしました。本年は、コロナウイルス感染防止の見地から直接お渡しすることなく、郵送とさせていただきました。

---

7.令和2年度支援員養成講座の延期について

本年度は、コロナウイルス感染拡大の影響を受け、従来7月から8月にかけて開催していた支援員養成講座(入門編)は、11月以降(予定)に延期することにいたしました。具体的な日程については決定しだいホームページ等でお知らせします。

---

公益社団法人

千葉犯罪被害者支援センター

  〒260-0013 千葉市中央区中央3-9-16 大樹生命千葉中央ビル7F 

        事務局  TEL 043-225-5451 FAX 043-225-5453 

        相談電話 TEL 043-225-5450

        性犯罪・性暴力被害者のための相談電話 TEL 043-222-9977

        受付時間 月曜日~金曜日 10:00~16:00 (祝日、年末年始を除く)

        ホームページ http://chibacvs.gr.jp

---