---

 千葉犯罪被害者支援センターメルマガ第11

---

師走に入りました。年末年始はなにかとせわしい日が続くようです。このところ毎日のように、悲惨な事案が発生しており、被害者の方々に思いが巡ります。犯罪被害者支援活動は、被害者の方々の心に寄り添い、日々粛々と行われております。

「犯罪被害者週間」〈11月25日~12月1日〉の広報幕が千葉地方検察庁や警察署に掲げられて、県民の皆さんにお知らせしました。

「犯罪被害者週間」は、期間中の集中的な啓発活動の実施を通じて、犯罪被害者等が置かれている状況や犯罪被害者等の名誉または平穏な生活への配慮の重要性について、県民の理解を深めることを目的とするものです。

---

1 「平成30年犯罪被害者週間」の事業

(1)「犯罪被害者週間キャンペーン」

千葉中央警察署及び船橋警察署と合同で、「犯罪や交通事故の被害者に対する県民の理解と協力を求めるチラシ」・「千葉県民のつどいのチラシ」等の配布を行いました。

・11月 1日(木)  JR千葉駅東口広場    500部配布
・11月 7日(水)  JR船橋駅南口広場    500部配布

「千葉県警察音楽隊第27回定期演奏会」会場の千葉県文化会館において、来場された皆様にチラシの配布と募金活動を行いました。

 ・11月17日(土) 

千葉県文化会館ホワイエにて、2,000部配布しました。なお、同会場において募金活動をおこない、15,142円の寄付をいただきました。

(2)「千葉県民のつどい」の開催(千葉県と共催、来場者295名)

開催日時 11月25日(日)午後1時開演
場  所 千葉市生涯学習センター(千葉市中央区弁天3-7-7)

第1部 被害者遺族の講演

演題:「悲しみを生きる力に」~被害者遺族からあなたへ~
講師:入江 杏 (上智大学グリーフケア研究所非常勤講師)

世田谷一家殺人事件により、隣地に住む妹一家を失い、犯罪被害者として悲しみ・苦しみと向き合い、葛藤の中で「行き直し」をした体験から「悲しみを生きる力に」をテーマとして、講演・勉強会を開催。「ミシュカの森」の活動を核に、グリーフケア活動をおこなっている。

グリーフケアとは、親族や家族、友人など親しい人との死別を体験してしまい、悲嘆の日々を過ごしている人に寄り添い世話をすることで、その深い悲しみから立ち直り、社会に適応できるように支援すること。

第2部 犯罪被害者支援音楽会

「カリーナボーチェ」による女声アンサンブルで、森本真由美氏の指揮により、美しく気高い合唱に会場が暖かい空気に包まれ、心和む音楽会となりました。

 なお、会場のホワイエにて、「生命のメッセージ展」が開催され、10命の尊い命を落とされた方々が展示され、命の大切さを訴えていました。

多くの来場者が熱心にご覧になり、一人一人に心を寄せておりました。

---

2 MDRT Foundation‐Japan助成金について

MDRTの会員である「菊波豊氏」のご尽力により、当センターの事業に対し多額の助成金を頂くことができ、目録の贈呈式を行いファンドレイジング責任者が寄付金としてお受けしました。寄付金については、被害者支援に有効活用させていただきます。

Million Dollar Round Table(MDRT)は、卓越した生命保険・金融プロフェッショナルの組織で、会員は国際的に生命保険と金融サービス事業の優績者であると評価されています。

3 平成30年上半期犯罪被害者支援報告(4月~9月)

電話相談  577件  前年同時期  428件  (34%増)

面接相談   72件    〃     67件  ( 7%増)

直接支援  202件    〃     209件  ( 4%減)

---

公益社団法人

千葉犯罪被害者支援センター

  〒260-0013 千葉市中央区中央3-9-16 三井生命千葉中央ビル7F 

        事務局  TEL 043-225-5451 FAX 043-225-5453 

        相談電話 TEL 043-225-5450

        性犯罪・性暴力被害者のための相談電話 TEL 043-222-9977

        受付時間 月曜日~金曜日 10:00~16:00 (祝日、年末年始を除く)

        ホームページ http://chibacvs.gr.jp

---